ライトアップされた禅寺坂周辺の石垣。手前を流れるのは井田川=富山市八尾町西町

ライトアップされた禅寺坂周辺の石垣。手前を流れるのは井田川=富山市八尾町西町

富山県 富山・八尾 祭り・催し

柔らかな光、坂の町包む 越中八尾冬浪漫開幕

北日本新聞(2018年2月11日)

 伝統芸能が息づく富山市八尾地域の魅力を発信するイベント「越中八尾冬浪漫(ろまん)」が10日、同市八尾町中心部で開幕した。初日は、禅寺坂(西町)周辺の石垣をライトアップする「夢あかり」があり、雪の積もった坂の町を幻想的な光が照らした。

 冬浪漫は、越中八尾観光協会(杉山峰夫会長)が1998年から毎年開催。今年は25日まで多彩なイベントを繰り広げる。「夢あかり」は2006年に開始。この日は、日没とともに照明が点灯し、石垣などを浮かび上がらせた。越中おわらを楽しむ「風の盆ステージ」もあった。

 17、18の両日は越中八尾観光会館(上新町)で、メインイベント「民謡セッション」を行う。「越中おわら」と「八尾曳山囃子(ばやし)」のほか、南砺市五箇山地域の「こきりこ」「麦屋節」といった県内を代表する民謡が集う。地元の味が楽しめる「ふるさと屋台村」や、地元ガイドによるツアーなども実施する。

 北日本新聞社共催。問い合わせは同協会、電話076(454)5138。

富山・八尾 ニュース