医王山の山並みを背景に冬空に揚がる巨大紙風船=道の駅福光

医王山の山並みを背景に冬空に揚がる巨大紙風船=道の駅福光

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

巨大紙風船浮かぶ ふくみつ雪あかり祭り開幕

北日本新聞(2018年2月11日)

 南砺ふくみつ雪あかり祭りは10日、南砺市中ノ江の「道の駅福光」で始まり、子どもらが描いた巨大紙風船が次々と大空に浮かび上がった。11日まで。

 毎年の呼び物として注目を集める巨大風船は高さ6メートル、幅3メートル。今回は59基を用意した。12日まで福光美術館で開かれている「なんと版画年賀状公募展」の入賞作や南砺市と交流のある福島県南相馬市の中学生、高校生らによる絵が描かれている。バーナーの熱を送ると、医王山を背に浮かび上がった。

 会場では、南相馬市の特産品や飲食コーナーもにぎわった。11日は正午から午後6時に天候を見極めて紙風船を揚げる。

 この催しは福光地域の各種団体でつくる実行委員会(川合声一委員長)が毎年開き19回目。北日本新聞社後援。

砺波・南砺・五箇山 ニュース