十日町雪まつりの開幕を控え、追い込み段階を迎えた「水沢雪まつり会」の雪像づくり=15日、十日町市馬場甲

十日町雪まつりの開幕を控え、追い込み段階を迎えた「水沢雪まつり会」の雪像づくり=15日、十日町市馬場甲

新潟県 十日町・松之山・津南 祭り・催し

十日町雪まつり16日夕開幕 市内各地でスタンバイ

新潟日報(2018年2月16日)

 冬を彩る「十日町雪まつり」が16日夕、開幕する。メインの「雪上カーニバル」会場に巨大な雪像ステージが設置されるほか、十日町市内各所には市民らの手による多彩な「雪の芸術作品」が置かれ来場者を迎える。

 「雪の芸術作品」は、市内の団体や会社などでチームをつくり制作。ことしは、趣向を凝らした65の作品が各地で披露される。そのうち、審査の対象となる「芸術部門」には31作品がエントリーする。

 昨年、最高賞の市長賞を獲得した「水沢雪まつり会」の雪像作りも追い込み段階。ことしは「陰と陽」と題し、平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した仏師・運慶の作品を高さ8メートルほどの雪像で表現する。雪像づくりは冬期間にみんなで取り組める娯楽だという同会代表の高野幸造さん(63)は「光をどう当てて白と黒の世界を演出するかにこだわっている。ぜひ夜にみてほしい」と話している。

 飲食や雪遊びなど、会場ごとに趣向を凝らした催しが楽しめる「おまつりひろば」は27カ所に設置される。

 雪まつりは、16日午後6時半に十日町高校グラウンドに設けた「コミュニティひろば」で、園児のステージや着物ショーなどで開幕。ゲストはお笑いタレントのサンシャイン池崎さん。

 雪上カーニバルは17日午後5時から城ケ丘ピュアランド特設会場で行う。沖縄の首里城と火焰型土器をかたどった雪像ステージに、新潟県を拠点に活動する「NGT48」などが出演する。「十日町きもの女王コンテスト」は越後妻有文化ホールで18日午後1時から。問い合わせは実行委員会、025(757)3100。

十日町・松之山・津南 ニュース