長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

松本―札幌丘珠に新路線 FDA、8月8~21日運航

信濃毎日新聞(2018年2月17日)

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は16日、県営松本空港(松本市)と札幌丘珠(おかだま)空港(札幌市)を結ぶ新路線を開設し、今夏は8月8〜21日に毎日1往復運航すると発表した。FDAは現在、松本空港と新千歳空港(千歳市)を結ぶ定期路線を「札幌線」として毎日1往復しているが、帰省客や観光客が増える夏場は混雑。県などが増便を求めていた。松本空港発着の新路線開設は、2010年の静岡線(11年廃止)以来となる。

 新路線は、エンブラエル170(76席)と同175(84席)の2機を利用。丘珠空港を午前11時35分に出発し、午後1時10分に松本空港に到着。同じ機体で松本を午後1時40分に出発し、同3時10分に丘珠に着く。運賃は片道4万1千円。チケットは19日午前9時から販売する。

 FDAの三輪徳泰社長は昨年12月、信濃毎日新聞の取材に、札幌線について18年度、現行の毎日1往復に加え、夏季に臨時的な運航を検討する考えを表明。新千歳空港の発着枠に余裕がないこともあり、札幌市中心部まで約6キロと近く、北海道内や青森県に定期便が運航する丘珠空港への乗り入れを決めた。

 県によると、現在の札幌線は、17年度の利用率(座席数に占める利用者数の割合)が昨年12月末現在で78・3%。前年同期を3・6ポイント上回った。特に7〜9月は90%前後に上り、混雑が目立っていた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット