新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

新潟・江南区 ひな人形に歴史感じ

新潟日報(2018年2月23日)

 江戸時代に北前船で新潟に運ばれたひな人形の展示会が、新潟市江南区松山の小さな美術館季(とき)で開かれている。江戸時代のひな人形15組に加え、約250体の土人形がギャラリーをにぎやかに彩っている。

 新潟市内の収集家の人形を飾り、ことしで14回目。目が細く丸顔の「次郎左衛門雛」や公家の衣装をまとった「有職雛(ゆうそくびな)」など特徴の違うひな人形が並ぶ。

 21日に訪れた北区の女性(65)は「たくさんの人形に囲まれ歴史を感じた。自分たちも古いものを大切にしていこうと思う」と話した。

 3月4日まで。月曜休館。無料。問い合わせは季、025(276)2423。

新潟・岩室 ニュース