長野県 松本・上高地・美ヶ原 蓼科・八ヶ岳・諏訪 鉄道

3月引退スーパーあずさE351系 20駅の記念入場券セット

信濃毎日新聞(2018年2月24日)

 JR東日本長野支社(長野市)は3月17日のダイヤ改正で、中央東線の特急「スーパーあずさ」用車両「E351系」が定期運用から引退するのに合わせ、車両が過去に停車したことがある20駅の記念入場券セットの販売を9日に始める。松本、塩尻、岡谷、上諏訪、茅野の5駅で取り扱う。

 1993年登場のE351系は長年、「スーパーあずさ」を中心に運用。今回のダイヤ改正で全ての車両が新型の「E353系」に切り替わる。同支社によると、車両は他線に転用されることなく順次廃車になるという。

 入場券は厚紙製の切符「硬券」。セットには、南小谷―東京間を走った車両がこれまで停車した主な20駅の大人入場券に、車両の外観や内装の写真、編成表などを掲載した台紙が付く。3千セット限定で1セット2800円。同支社販売促進課の担当者は「車両にサンキューという思いを込めて、3月9日を販売開始日にした」とする。問い合わせは同課(電話026・224・5310)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット