島田邸に展示されている昭和時代のひな飾り

島田邸に展示されている昭和時代のひな飾り

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

ふくおかひなまつり開幕 華やかな人形並ぶ

北日本新聞(2018年2月25日)

 高岡市福岡地域の旧家所蔵のひな人形などを展示する「ふくおかひなまつり」が24日、同地域中心部で始まった。華やかな衣装を身にまとったさまざまな時代の人形が雅楽の館や島田邸、まちづくり福岡工房「いっぷく処(どころ)」など8カ所に並んでいる。3月4日まで。

 地元のまちづくり会社「ウエルカム福岡」などでつくる実行委員会が毎年開催し、今年で9回目。雅楽の館には江戸、大正、昭和時代のひな人形約80体が並ぶ。昭和時代の7段飾りが展示されている島田邸では、高岡フィルハーモニー管弦楽団の有志による演奏会が開かれた。同市福岡町下蓑の古民家では午後7時から、高岡市のバンド「ロビンズエッグブルー」がライブを行う。

 25日は観光交流施設「さんちょんぴん蔵」で午前10時から、国の伝統的工芸品で同地域特産の菅笠(すげがさ)の笠縫実演が行われる。問い合わせは実行委事務局のウエルカム福岡、電話0766(64)0009。

高岡・氷見・射水 ニュース