観光客に呼び掛けるため作った海上観光のPRポスター=ほたるいかミュージアム

観光客に呼び掛けるため作った海上観光のPRポスター=ほたるいかミュージアム

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

ほたるいか海上観光の予約開始 滑川、2隻運航

北日本新聞(2018年3月1日)

 今季からほたるいか海上観光の運航を請け負う滑川市の第三セクター「ウェーブ滑川」は1日午前9時から、予約申し込みを受け付ける。

 海上観光は観光船でホタルイカ漁を見学できるイベント。運航は21日から5月6日までで、このうち4月29日までは8年ぶりに2隻体制(1日当たりの定員合計80人)で行う。

 午前2時半にほたるいかミュージアム横の売店に集合し、同3時に近くの滑川漁港を出航する。今季から、売店内の「みちカフェ」を同2時から同5時まで開け、深層水コーヒーやホタルイカフライなどを提供する。

 ウェーブ滑川は同ミュージアムのホームページ内に海上観光の専用ページを設け、当日の流れや注意事項を細かく記している。ポスターとチラシも作製し、県内の観光施設やホテルなどで順次掲示してもらっている。

 小林昌樹常務は「久しぶりの2隻での運航なので、多くの人たちに富山を代表するイベントを楽しんでもらいたい」としている。

 料金は大人5千円、小中学生3千円。予約は専用電話、076(475)0100。宿泊とセットになったプランの予約は、市内のそれぞれの宿泊施設に直接申し込む必要がある。

黒部・宇奈月・新川 ニュース