小泉町長(左)と商品、キャラクターデザインをPRする学生、生徒=志賀町文化ホール

小泉町長(左)と商品、キャラクターデザインをPRする学生、生徒=志賀町文化ホール

石川県 特産

志賀産食材で新商品 「能登金時」クッキーとタマネギドレッシング

北國新聞(2018年3月1日)

能登の食材で商品開発に取り組む「のとも~るスマイルプロジェクト」で、志賀町産のサツマイモ「能登金時」のクッキーと、タマネギを使ったドレッシングの2品が完成し、28日、町文化ホールで披露された。
 コープいしかわ(白山市)などでつくるプロジェクトが町やJA志賀などの協力で作り、志賀高の生徒と北陸学院大の学生がキャラクターデザインを考案した。2品とも素材の甘みを生かしており、クッキーは7月上旬、ドレッシングは8月下旬に町内外のスーパーなどで発売される。
 お披露目会では長谷川隆史コープいしかわ理事長が「能登を元気にしたい」とあいさつし、小泉勝町長は「志賀町のPRにつながる」と期待した。

石川県 ニュース