古くから残るひな人形を集めた展示会=27日、新潟市中央区のギャラリー蔵織

古くから残るひな人形を集めた展示会=27日、新潟市中央区のギャラリー蔵織

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

港町物語るひな人形 新潟市内21カ所で展示

新潟日報(2018年3月5日)

 新潟市内21カ所の施設などが連携し、地域に古くから残されてきたひな人形を各会場で展示するイベント「湊にいがた雛(ひな)人形・町めぐり」が、4月中旬まで開かれている。北前船で運ばれた江戸期のものなど、港町新潟の歴史を物語るひな人形を、まち歩きをしながら楽しむことができる。

 北前船が育んだ港町新潟の文化に興味を持ってもらおうと、市民有志でつくる連絡会が毎年主催している。展示を見ながらまち歩きも楽しめるよう、マップ付きのパンフレットも用意した。

 西堀前通1のギャラリー蔵織には、江戸~大正期の約20種類が並んでいる。江戸中期~後期のもので、高さ45センチほどと大型の「享保雛」や、江戸時代から庶民に親しまれた「押絵雛」など、歴史あるひな人形を一堂に集めた。楽器などの小物類や華やかな衣装も目を引き、来場者は職人の技巧に見入っていた。

 連絡会代表の中央区の笹川太郎さん(70)は「北前船の寄港地だった新潟には、物資だけでなく文化も運ばれてきた。ひな人形をきっかけに、北前船が育んだ新潟の歴史や文化に興味を持ってほしい」と呼び掛けている。

 展示期間は、施設によって異なる。問い合わせは代表連絡先のギャラリー蔵織、025(211)8080。

 イベントの会場は次の通り。

 ▽安吾 風の館▽砂丘館▽新潟大学旭町学術資料展示館▽旧斎藤家別邸▽北方文化博物館 新潟分館▽海の洋館 ネルソンの庭▽NSG美術館▽ホテルイタリア軒▽旧小沢家住宅▽珈琲 涼蔵▽燕喜館▽オリエントイタリアン イリィ▽ギャラリー蔵織▽小島たかし事務所▽美豆伎庵 金巻屋▽新潟市古町七番町商店街の一部店舗▽峰村醸造直売店(以上、新潟市中央区)▽小さな美術館 季(とき)(新潟市江南区)▽北方文化博物館(同)▽越後大郷からくり館(新潟市南区)▽岩室温泉街 無匠庵など(新潟市西蒲区)

新潟・岩室 ニュース