改修した客室。寝返りを打ちやすいよう布団のマットレスなど備品にも気を配っている=1日、福井県小浜市の「藤屋」

改修した客室。寝返りを打ちやすいよう布団のマットレスなど備品にも気を配っている=1日、福井県小浜市の「藤屋」

福井県 敦賀・若狭 アウトドア・レジャー

健康体感旅館が完成 2泊3日で農業や座禅、運動、料理...

福井新聞(2018年3月6日)

 訪問看護・介護事業や、デイサービスなどを展開する「ふらむはぁとリハビリねっと」(本社福井県小浜市)が、小浜市門前の旅館「藤屋」を改修し1日、竣工(しゅんこう)式を行った。高齢者や要介護者などをターゲットに、農業や座禅体験などができる"健康体感旅館"として段差の少ない室内を整備した。16日営業開始を予定している。

 同社は、約4年前に閉館した同旅館を改修。趣ある外観や内観を生かしつつ、バリアフリーを考慮した室内を整備したほか、風呂は約15センチ底上げして利用しやすいようにした。客室は8~15畳の5部屋がある。

 健康づくりや介護予防などを目的に、2泊3日の宿泊プランをメインに提供する。運動、栄養、休養の3点を柱とし、旅館に隣接する約30アールの農園での農業体験や、寺院での座禅体験、理学療法士による認知症予防の運動などをプランに組み込んでいる。また、同社の管理栄養士が健康に配慮したメニューを考案し、地元の食材を使った郷土料理などを提供する。

 竣工式は同旅館であり、同社社員や市職員ら約30人が参加。神事後、小林裕和社長が「宿泊者や地域の人たちに彩りを添えられるような旅館になれるように」とあいさつした。

 2泊3日の料金は1人4万2千円から。既に予約を受け付けている。問い合わせは同旅館=電話0770(57)1528。

敦賀・若狭 ニュース