青空と残雪の山並みを背景に鮮やかな黄色の花を咲かせるスイセン

青空と残雪の山並みを背景に鮮やかな黄色の花を咲かせるスイセン

長野県 伊那路 花・紅葉

中アの残雪、映えるスイセン 駒ケ根・光前寺周辺

信濃毎日新聞(2018年3月15日)

 駒ケ根市の光前寺周辺で、休耕田や土手に植えられたスイセンが花を開き始めた。好天に恵まれた14日は、青空と中央アルプスの残雪、スイセンの黄色が鮮やかなコントラストを見せていた。行き交う人の中には、足を止めてカメラを向ける姿も見られた。

 同市の駒ケ根観光協会によると、スイセンは地元の農家や営農組合が景観形成のために植え始め、25年ほどになる。今年は7日に開花を確認し、昨年より1週間ほど早い。今月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎えそうという。

伊那路 ニュース