深海の様子を紹介する企画展=新潟市中央区

深海の様子を紹介する企画展=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

深海の世界へ誘う マリンピアで企画展 新潟市中央区

新潟日報(2018年3月16日)

 日本海の深海の世界を紹介する企画展が4月8日まで、新潟市水族館マリンピア日本海(中央区)で開かれている。普段は展示していない貴重な生き物や、水中探査機で撮られた映像が来場者の目を引いている。

 マリンピアが昨年8月末、長岡市寺泊沖の深海103~208メートルで実施した調査を基に、展示を企画した。

 会場では、ひものように細長い手足を持つサナダミズヒキガニがお出迎え。普段は見られない大型のイソギンチャクも水槽に入れられている。また、水中探査機のレプリカや、深海の水圧の大きさなどを解説するパネルも展示され、来場者は深海の神秘に触れていた。

 家族と訪れた東区の女児(5)は「変な形のとげがあるイソギンチャクがいて、面白かった」と笑顔だった。

 入館料が必要。問い合わせはマリンピア、025(222)7500。

新潟・岩室 ニュース