みかぐら荘の激辛味噌あんかけラーメン

みかぐら荘の激辛味噌あんかけラーメン

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 麺類

阿賀を熱~くPR あんかけラーメン 酒かすなど個性豊か

新潟日報(2018年3月22日)

 阿賀町の九つの飲食店が新たな名物として、あんかけラーメンを提供する企画を始めた。熱々の麺をPRして町おこしにつなげるのが狙い。新メニューを考案した店もある。

 温泉施設や農家、商店など異業種のメンバーでつくる「阿賀町勝手に応援隊」が企画し、飲食店に協力を呼び掛けた。アイデアを出した阿賀町の地域おこし協力隊、目黒貴博さん(44)は「あんかけなら、寒い時季でも冷めにくいのではと考えた。町ぐるみでやっている所はなく、インパクトもある」と語る。

 各店では麻婆麺や酒かす、町特産のエゴマを使うなど個性豊かな一杯が並ぶ。温泉施設「みかぐら荘」(広谷乙)は、辛党向けに「激辛味噌(みそ)あんかけラーメン」を生み出した。赤いスープに山菜や野菜が浮かび、箸を進めるたびに汗が噴き出る。追加料金で辛さをプラスすることもできる。

 ほっとハウス(吉津)では「あっさりえびあんかけラーメン」が新登場。塩味ベースのスープに、エビチリ用のエビや地元産の白菜、ニンジンなどをたっぷり盛り付けた。店主の神田春江さん(67)は「あんかけは元々、店の看板メニュー。イベントを考えてくれてありがたい」と感謝する。

 参加店やメニューの一覧は奥阿賀観光のホームページで閲覧できる。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース