イチゴを摘み取る園児たち=22日、福井県高浜町和田

イチゴを摘み取る園児たち=22日、福井県高浜町和田

福井県 敦賀・若狭 アウトドア・レジャー

3種類楽しめる「海辺のいちご畑」 高浜、3月25日開園

福井新聞(2018年3月23日)

 福井県高浜町和田のイチゴ観光農園「海辺のいちご畑」が3月25日に開園するのを前に、オープン式が22日、同農園で行われた。3種類のイチゴを堪能でき、訪れた園児らが一足早くイチゴ狩りを楽しんだ。

 町の第三セクター「いきいきタウン高浜」が、県などの補助金を得て約2億5千万円をかけて建設。ハウス総面積5460平方メートルで、観光、出荷、栽培用合わせて計5棟を整備した。

 現在は、風味濃厚な「よつぼし」と甘くて果肉が柔らかい「章姫」、甘酸っぱさがある「紅ほっぺ」の3種類が楽しめる。

 式には野瀬豊町長ら関係者15人が出席。経営に当たる合同会社ジョリーファームの酒井輝代表社員が「オープンすることができてうれしく思う。みなさんの交流の場になれば」とあいさつした。

 同町和田保育所の年中児約30人が訪れ、式出席者とともにイチゴ狩りを楽しんだ。5歳の男の子は「甘くておいしい」とイチゴを口いっぱいに頬張っていた。

 出荷は既に始まっており、地元スーパーなどで購入できる。

 イチゴ狩りは5月中旬までで予約が必要。1時間制で、料金は中学生以上2千円(4月以降1600円)、70歳以上1600円(同1300円)、小学生1500円(同1200円)、3歳以上千円(同700円)。

 今年は土日祝日のみの開園で、受付時間は午前9時、同11時、午後1時、同3時。問い合わせはジョリーファーム=電話0770(50)9024。

敦賀・若狭 ニュース