群生地を再現した雪割草の屋内展示=18日、長岡市宮本東方町

群生地を再現した雪割草の屋内展示=18日、長岡市宮本東方町

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉 祭り・催し

鮮やかな花々春彩る 長岡・越後丘陵公園 雪割草まつり

新潟日報(2018年3月23日)

 長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園で雪割草まつりが開かれている。園内には約600株の雪割草で群生地を再現した展示もあり、訪れた人たちが色とりどりの花を楽しんでいる。

 新潟県の草花として愛好家も多いことから毎年開催。屋内展示のほか、雪割草の販売や押し花の作品展も行われている。18日には雪割草育種の第一人者、岩渕公一さん(69)=柏崎市=が雪割草の魅力について講演し、「一つとして同じ株はなく、色の付き具合が違う。お互いを引き立て合っている」と話した。

 長岡市の主婦(68)は「花を見るのが好きで家で育てている。同じ雪割草でも豪快に咲いているものがあったりと種類の多さに驚いた」と話していた。

 24、25の両日は国際雪割草協会甲信越支部による展示、即売会も行われる。まつりは4月15日まで。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース