となみチューリップフェアをテーマにしたオリジナルフレーム切手

となみチューリップフェアをテーマにしたオリジナルフレーム切手

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

チューリップフェア切手発売 日本郵便が砺波市に贈呈

北日本新聞(2018年3月24日)

 日本郵便北陸支社は23日、砺波市で4月20日から5月5日まで開かれる「となみチューリップフェア」をテーマにした2種類のオリジナルフレーム切手を発売した。チューリップの写真をふんだんに使い、フェアや花の魅力をPRする。

 62円切手10枚分(1200円)と82円切手10枚分(1300円)で、各1300シート販売する。「大花壇」と「水上花壇」の写真でフェアをアピールし、「とやまレッド」や「春のあわゆき」など計20品種の県産チューリップを紹介している。

 一部を除く県内の郵便局で扱う。フェア期間中は会場でも販売する。

 23日は日本郵便北陸支社の西嶋優支社長と砺波郵便局の田呂藤雄局長、栴檀野郵便局の斎藤克典局長らが市役所を訪れ、夏野修市長に2種類を贈った。同様の切手は2008年から毎年製作している。

砺波・南砺・五箇山 ニュース