気象庁は23日、県内を含む関東甲信地方の3カ月予報(4〜6月)を発表した。暖かい空気に覆われやすいため、気温は平年より高い見込み。降水量はほぼ平年並みだが、6月は低気圧や前線の影響を受けやすく、平年並みか多いとみている。
 長野地方気象台によると、県内の4月は平年と同様に晴れの日が多い見通し。同気象台は「高温の可能性が高く、体が暑さに慣れていない状態で初夏のような暑さになると熱中症の危険が高まる」と注意を促している。積雪の多い傾斜地では、なだれや融雪の恐れもあるとしている。
 上空の偏西風が平年に比べ北寄りを流れる影響で太平洋高気圧が張り出しやすく、6月は梅雨前線が本州の南岸近くに位置しやすいため、平年に比べ曇りや雨の日が多い予想。同気象台は「全般に季節の進行が早い傾向にある」とみている。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット