意欲作が続々と運び込まれた会場=金沢市の県立美術館

意欲作が続々と運び込まれた会場=金沢市の県立美術館

石川県 金沢市周辺 祭り・催し

いざ現代美術展、意欲作携え 県立美術館、21世紀美術館に作品搬入

北國新聞(2018年3月24日)

 第74回現代美術展(一般財団法人石川県美術文化協会、北國新聞社など主催)の作品搬入は23日、会場となる金沢市の県立美術館と金沢21世紀美術館で始まった。受け付け開始前から作家が意欲作を携えて列をつくり、「美術工芸王国石川」を代表する総合美術展に懸ける思いをにじませた。
 6部門のうち、洋画、彫刻、工芸は県立美術館、日本画、書、写真は金沢21世紀美術館が出品の窓口となる。県立美術館では、心象風景を豊かな色彩で描いた洋画や、感性あふれる造形美が目を引く彫刻、伝統技法に革新的な手法を組み合わせて制作された工芸作品などが続々と運び込まれた。
 搬入は24日まで、午前10時~午後4時半に受け付け、25日に審査が行われる。現代美術展の会期は29日~4月15日。

金沢市周辺 ニュース