初戦を大勝し、スタンドに向けて駆け出す航空石川ナイン=甲子園球場

初戦を大勝し、スタンドに向けて駆け出す航空石川ナイン=甲子園球場

石川県 祭り・催し

航空石川10点大勝 選抜高校野球、初戦突破

北國新聞(2018年3月25日)

 甲子園球場で行われている第90回記念選抜高校野球大会第2日の24日、能登から初出場の航空石川は初戦の2回戦で21世紀枠の膳(ぜ)所(ぜ)(滋賀)と対戦し、長短11安打の力強い攻めを見せて10―0で大勝した。
 航空石川は2009年夏、17年夏に続く3度目の甲子園出場。原田竜聖が4安打1打点、上田優弥が2本の適時二塁打で2打点と活躍した。重吉翼は7回を投げ4安打無失点、八回は杉本壮志、九回は大橋修人が登板し、完封リレーを完成させた。
 航空石川は第8日第1試合(30日午前9時開始予定)の3回戦で明徳義塾(高知)―中央学院(千葉)の勝者と対戦する。
 星稜は第7日第1試合(29日午前9時開始予定)の2回戦で富島(とみしま)(宮崎)と初戦を交える。

石川県 ニュース