訪れた人たちを楽しませているコシノカモザクラ

訪れた人たちを楽しませているコシノカモザクラ

富山県 高岡・氷見・射水 花・紅葉

コシノカモザクラ見頃 高岡古城公園

北日本新聞(2018年4月1日)

 高岡桜まつり(4月1~15日)を前に、高岡古城公園(高岡市古城)にあるコシノヒガンやソメイヨシノなど19品種約1800本のサクラが順調に咲き始めている。先日命名された新種「コシノカモザクラ」は見頃を迎え、31日も濃い赤色の花が訪れた人たちを楽しませていた。

 コシノカモザクラは3月中旬に開花する早咲きの品種で、園内の小竹薮広場にある。今年は19日に咲き始めた。家族連れは青空の下、写真を撮影したり、ベンチに座ってゆったりと眺めたりしながら和やかなひとときを過ごしていた。

 同園管理事務所によると、園内には既に満開を迎えている品種もあり、今週末まで楽しめるという。

高岡・氷見・射水 ニュース