平年より9日早く開花した高田公園の桜。桜の下では親子連れらが早くも花見を楽しんでいた=3月30日、上越市

平年より9日早く開花した高田公園の桜。桜の下では親子連れらが早くも花見を楽しんでいた=3月30日、上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

駆け足の春到来 上越市高田で桜開花

新潟日報(2018年4月2日)

 上越市の高田公園で3月30日、桜の開花が宣言された。3月に入り、最高気温20度以上の日が続き、昨年より7日、平年より9日早い。同公園では4月6日に「高田城百万人観桜会」(市など主催)が開幕するが、1週間前の開花に、市民は「観桜会まで桜はもつかしら」と気をもんでいる。

 上越観光コンベンション協会と桜の保全に取り組む市民団体が公園内にある調査木の開花状況を確認し、宣言した。新潟地方気象台などによると、3月30日の開花宣言は1953年の観測以来、最も早い2002年と04年に並ぶ。

 孫と公園を散歩していた上越市鴨島の男性(69)は「ずいぶん早い開花になった。観桜会も始まっていないので、なるべく長く咲いていてほしい」と話した。

 日本気象協会新潟支店によると、満開は4月4日前後の見通し。観桜会は6~22日だが、公園内のぼんぼりと高田城三重櫓(やぐら)のライトアップは2日から行う。

上越・妙高・糸魚川 ニュース