桜が咲くお堀をゆっくりと巡る「利常号」

桜が咲くお堀をゆっくりと巡る「利常号」

富山県 高岡・氷見・射水 花・紅葉

船上から桜楽しむ 高岡古城公園・遊覧船運航スタート

北日本新聞(2018年4月2日)

 高岡桜まつりが1日、高岡古城公園(高岡市古城)で開幕し、お堀を巡る遊覧船「利長号」と「利常号」の運航も始まった。同日はボーイスカウト高岡第21団のメンバー約20人が第1便に乗り、船上から桜を楽しんだ。同まつりは15日まで。

 遊覧船は池の端の乗り場を出発し、二の丸近くで折り返す。開町400年記念の一環として、高岡商工会議所が毎年運航しており10年目。

 同商議所の荻原隆夫専務理事のあいさつに続いて遊覧船が出発。ボーイスカウトの子どもたちは船上からの眺めや園内にすむ生物の観察を満喫していた。

 本年度の運航は春が5月27日まで。5月6日までは毎日運航し、同7~27日は土日のみとなる。秋は11月3~25日。料金は大人700円、小学生以下200円で、3歳未満は無料。

高岡・氷見・射水 ニュース