リニューアルされたJR新崎駅北口前の案内看板=新潟市北区

リニューアルされたJR新崎駅北口前の案内看板=新潟市北区

新潟県 新潟・岩室 アウトドア・レジャー

新崎駅の顔 案内を充実 地元住民が看板新装 新潟市北区

新潟日報(2018年4月3日)

 新潟市北区のJR新崎駅北口にある案内看板を、地元住民が「ふるさと散策マップ」としてリニューアルした。駅近隣の体験施設や農家レストランなどの位置を描き込んだ。新崎駅の利用者を増やす取り組みで、住民は「観光客を含め、多くの人に駅を利用してほしい」と話している。

 看板のデザインを手掛けたのは、地元住民でつくる「新崎駅未来ビジョン実行委員会」。新崎駅は橋上駅だがエレベーターが設置されておらず、高齢者を中心に不便を訴える声が高まっている。だが、エレベーター設置のためには1日当たりの平均利用者を増やす必要がある。

 このため、実行委は駅の利便性を高めて客を増やそうと、駅前の案内看板のリニューアルに着手した。看板は高さ3・3メートル、幅3・6メートル。区づくり予算を利用し、3月中旬に完成した。

 新しい地図には駅から1・2キロの距離にある栗山米菓の体験施設「新潟せんべい王国」など、観光客が迷わないよう距離やイラストを描き込んだ。ほかにも、農業特区を活用してできた農家レストランなど、集客が見込める施設を紹介している。

 実行委事務局は「たくさんの人に新崎駅を使って近くの施設を訪れてほしい」と話している。

新潟・岩室 ニュース