改修を終え運営を再開する水仙の館=6日、福井県越前町血ケ平の越前岬水仙ランド

改修を終え運営を再開する水仙の館=6日、福井県越前町血ケ平の越前岬水仙ランド

福井県 鯖江・武生・越前海岸 アウトドア・レジャー

「水仙の館」が再開 福井県越前町、台風被害の屋根改修

福井新聞(2018年4月7日)

 昨年10月の台風21号で屋根が損壊したため閉鎖していた越前岬水仙ランド(福井県越前町血ケ平)の中核施設「水仙の館」は改修が終了し4月7日、運営を再開する。通年の水仙展示のほか土産品販売や喫茶コーナーの営業を通し、海岸線観光の休憩、案内機能を果たしていく。

 同館はギリシャ神殿風の鉄筋コンクリート平屋建てで、1992年に県が建設。町公共施設管理公社が管理している。台風21号で鉄板屋根が飛ばされ約10平方メートルの穴が空くなどし、来館者の安全を考慮して閉鎖が続いていた。昨年12月から改修工事が始まり3月24日に完了した。

 越前水仙の開花シーズンには間に合わなかったが、ランド内では夏場も日本海を一望しながらの散策や夕焼けを楽しめる。また水仙畑をLEDの明かりで彩るイルミネーションイベント「水仙岬のかがやき」が5月27日まで開かれており、日没後に美しい光の景色を楽しめる。

 イベント期間中の土日祝日は同館の営業時間を変更しており、午前11時〜午後7時。春の植物にスポットを当てた特別展も開かれている。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース