6月26日のオープンに向けて工事が進む上越市立水族博物館「うみがたり」=上越市

6月26日のオープンに向けて工事が進む上越市立水族博物館「うみがたり」=上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

上越・新水族博物館 6月26日オープン

新潟日報(2018年4月9日)

 上越市が建設を進めている新しい市立水族博物館「うみがたり」のオープン日が6月26日となることが7日、分かった。市と、うみがたりの指定管理者の横浜八景島(横浜市)が11日に正式発表する。

 上越市は昨年12月、6月開館を公表したが、詳細な日にちについては調整中としていた。開館日と週末が重なると大混雑が予想されることなどから、平日のオープンに決めたとみられる。

 うみがたりは2016年6月に着工。市新水族博物館整備課によると、ことし3月末時点で工事全体の約95%が終了しており、現在は主に建物の外回りの工事が進められている。

 うみがたりは、国内5館目となるシロイルカの飼育展示のほか、通年で開かれるバンドウイルカのショーや、約120羽と国内最大の飼育数を誇るマゼランペンギンの展示などが目玉となっている。

 市は開館から最初の1年間で約60万人の来館者を見込んでいる。

上越・妙高・糸魚川 ニュース