福井県 鯖江・武生・越前海岸

馬借街道散策して 南越前から越前市13キロ 参加募る

福井新聞(2018年4月12日)

 福井県越前市と南越前町河野地区を結ぶ古道を歩き、史跡や自然に触れる「第23回歴史と遊ぼう馬借街道in神山」(福井新聞社後援)が5月3日に行われる。21日まで参加者を募集している。

 馬借街道は、府中(越前市)から河野浦(南越前町)に至る。特に北前船で河野浦が栄えた江戸時代は重要な存在で、馬借(馬による運送業者)が廃止される明治初期までの間、物資や人々の往来を支えた。

 催しは、越前市の神山地区自治振興会などが地域の歴史遺産を広く知ってもらおうと毎年開いている。

 当日は午前8時半までに越前市神山小に集合。出発地点の南越前町今泉までバスで移動し、同校までの約13キロを歩く。4時間ほどの行程で、午後2時半ごろ終了予定。ふるまい鍋や地元特産物の販売、子ども向けクイズラリーもある。

 小雨決行。中学生以上700円、小学生以下500円。申し込み、問い合わせは神山公民館=電話0778(23)8010。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース