シャトルバスとタクシーの前でテープカットをする地元や行政の関係者ら

シャトルバスとタクシーの前でテープカットをする地元や行政の関係者ら

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

上高地、グリーンシーズン開幕へ バス・タクシー運行開始

信濃毎日新聞(2018年4月18日)

 北アルプス上高地と松本市の沢渡(さわんど)地区を結ぶシャトルバスとタクシーの今季の運行が17日始まり、出発式がさわんどバスターミナルであった。地元の観光関係者らでつくる組織「ピアーズさわんど」の主催。始まりつつあるグリーンシーズンをアピールした。

 出発式は上高地の観光客数が減少傾向にある中、昨年始めた。27日の上高地開山祭前から公共交通機関が運行していることを周知する狙い。式には地区の観光業者や環境省、市の関係者ら約30人が出席。テープカットや餅の振る舞いがあった。

 松本市によると、2017年の上高地の観光客数は122万6千人で前年に続き過去最少を記録。ピアーズさわんどの斉藤敬一理事長(61)は「上高地や乗鞍、白骨などエリア全体が一つになってPRを続けたい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット