「萬代橋チューリップフェスティバル」の開幕式典=18日、新潟市中央区

「萬代橋チューリップフェスティバル」の開幕式典=18日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 花・紅葉 祭り・催し

チューリップフェスティバル開幕 新潟市中央区

新潟日報(2018年4月19日)

 新潟市中央区のJR新潟駅前や萬代橋などを約3万3千本のチューリップで彩る「萬代橋チューリップフェスティバル」が18日、始まった。同区のホテルオークラ新潟で開幕式典があり、市内の園児約120人が元気に童謡「チューリップ」を合唱し、開幕に花を添えた。

 フェスティバルは同市の主催で毎年行われ、ことしで33回目。新潟駅万代広場から萬代橋西詰めまでの約1・3キロに、市内の保育園や学校など431の団体・個人が育てたチューリップを並べた。ことしはやや遅咲きでまだつぼみも目立つが、赤や白、黄色などの花が開き始め、今週末ごろに見頃を迎える見通し。

 セレモニーでは、篠田昭市長が「新潟市は日本一のチューリップのまち。多くの方々に素晴らしさを実感してほしい」とあいさつした。いぶき保育園(江南区)の女児(5)は「水をあげて育てた。かわいいピンク色の花が咲いた」と笑顔だった。チューリップの展示は5月1日まで。

新潟・岩室 ニュース