外国人旅行者向けに避難マニュアルを盛り込んだ新潟市の観光ガイド

外国人旅行者向けに避難マニュアルを盛り込んだ新潟市の観光ガイド

新潟県 新潟・岩室 その他

観光ガイドに避難手順 外国人向けに作製 新潟市など

新潟日報(2018年4月19日)

 観光中でも、災害が起きたら迅速に対応を-。国土交通省北陸信越運輸局と新潟市などが、外国人旅行者向けに避難マニュアルが付いた観光ガイドを作製、市内の宿泊施設や観光スポットなどで配布している。通常は観光ガイドとして携帯してもらい、いざという時に役立ててもらう狙いだ。

 ガイドは、A5判カラーで32ページ。「英語」「中国(繁体)語」「中国(簡体)語」「韓国語」の4種類を用意した。こうした外国人旅行者への災害対応の呼び掛けは、熊本地震を機に必要性が注目されてきており、新潟市が全国の動きに先駆けて作製に着手。ことし3月下旬から配布を始めた。

 ガイドの前半部分は市内の名所や飲食店の紹介、後半は避難マニュアルとなっている。一冊にすることで観光中、常に持ち歩いてもらえるようにした。

 マニュアル部分は、地震など災害を経験したことがない外国人旅行者向けに、「地震はいつどこで起こるか分かりません」などと一から説明。最低限の避難行動をとってもらえるように、「地震の時、頭を守る」といった具体的な方法を紹介している。非常時を想定した会話例などもある。

 また、観光スポットと避難所などが一緒になった地図も掲載した。

 計5万部作製。設置したガイドがなくなることもあり、好評だという。市国際・広域観光課は「災害時に外国人観光客をどう避難誘導するかを考えて作製した。何が必要な情報かを検討し、今後も更新していきたい」と話している。

新潟・岩室 ニュース