「むれ水芭蕉園」で見頃を迎えているミズバショウ

「むれ水芭蕉園」で見頃を迎えているミズバショウ

長野県 長野市周辺 花・紅葉

ミズバショウ、早めの見頃 飯綱町・飯綱東高原

信濃毎日新聞(2018年4月21日)

 飯綱町の飯綱東高原にある「むれ水芭蕉(みずばしょう)園」で、ミズバショウが見頃を迎えている。約5ヘクタールの湿原に41万株ほどが自生。訪れた人たちは園内を散策しながら写真を撮り、辺り一面に広がる白い仏炎苞(ぶつえんほう)を楽しんでいる。

 町観光協会によると、3月以降の暖かさで雪解けが進み、例年より10日ほど早く見頃に。19日、初めて訪れたという長野市の北原淳一さん(74)、京子さん(70)夫妻は「近くにこんなすてきな場所があるなんて知らなかった。とてもきれい」と満足そうに話していた。

 ミズバショウは今週末がピークになりそうといい、一帯ではリュウキンカの黄色い花も見頃に。ニリンソウも咲き始めており、同協会事務局長の青沼康雅さん(58)は「多くの人に足を運んでもらいたい」と話していた。

長野市周辺 ニュース