10万人目の来館者となった山森さん一家。左から健太郎さん、梨花ちゃん、瞳さん、星名ちゃん=藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

10万人目の来館者となった山森さん一家。左から健太郎さん、梨花ちゃん、瞳さん、星名ちゃん=藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

富山県 高岡・氷見・射水 その他

来館者10万人達成 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

北日本新聞(2018年4月22日)

 高岡市の「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」は21日、来館者が10万人を超え、高橋正樹市長が節目の来館者に記念品を贈った。

 10万人目となったのは、家族4人で訪れた金沢市御所町の会社員、山森健太郎さん(35)と妻の瞳さん(38)、長女の梨花ちゃん(5)、次女の星名(せな)ちゃん(2)。午前10時ごろに訪れ、報告を受けると驚いた様子だった。

 記念品としてドラえもんの縫いぐるみや同ギャラリーのオリジナルグッズなど計6点が、高橋市長から贈られた。梨花ちゃんは「ドラえもんが大好き。大きな縫いぐるみを大切にしたい」と笑顔を見せた。

 同ギャラリーは2015年12月、同市美術館内にオープンし、同市出身の漫画家、故藤子・F・不二雄さんの作品や足跡を紹介している。現在は常設展に加え、女の子のキャラクターにスポットを当てた原画展「F-GIRLSコレクション展」(~5月27日、同29日~11月30日)を開催している。

高岡・氷見・射水 ニュース