栴檀山の山菜をふんだんに使った定食

栴檀山の山菜をふんだんに使った定食

富山県 砺波・南砺・五箇山 グルメ 特産

栴檀山の山菜たっぷり 夢の平コスモス荘が限定定食

北日本新聞(2018年4月24日)

 夢の平コスモス荘(砺波市五谷)は26日から、地元の栴檀(せんだん)山で採れた山菜をふんだんに使った定食をレストランで販売する。1日20食限定で、斉藤康一支配人は「旬の味覚を楽しんでほしい」と話している。5月上旬まで。

 定食は、夢の平コスモス荘が毎年この時期に、期間限定で提供している。タラノメやコシアブラ、ウド、ワラビ、コゴミといった山菜を、天ぷらや昆布締め、酢の物、汁物などの7品で提供する。みそや米も地元産を使っている。

 価格は1800円(税込み)で、ゴールデンウィーク中までは提供する予定だが、山菜が採れなくなり次第終了する。その日の仕入れ状況によって、使う山菜は変わる可能性がある。

 隣接する「となみ夢の平スキー場」では、スイセンが5、6割咲いており、29、30の両日には、せんだん山水仙そば祭りが開かれる。斉藤支配人は「スイセンも見頃を迎える。ぜひ多くの人に来てもらいたい」と意気込んでいる。

 定食は予約が必要。問い合わせはコスモス荘、電話0763(37)2323。

砺波・南砺・五箇山 ニュース