休憩コーナーで提供する弁当や包み紙を手にする着地型観光検討委メンバー

休憩コーナーで提供する弁当や包み紙を手にする着地型観光検討委メンバー

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し グルメ

福野夜高と食事満喫を 休憩コーナー設置

北日本新聞(2018年4月25日)

 南砺市福野地域の観光活性化に取り組む有志らでつくる着地型観光検討委員会(柴田昌尚委員長)は、福野夜高祭2日目の5月2日、同市福野の上町銀座会駐車場に有料の休憩コーナーを設け、勇壮な夜高行燈(あんどん)をじっくりと見物してもらう。

 この駐車場は7町の行燈が勢ぞろいする通称「銀行四ツ角」に近いメインストリート沿いにある。上町・七津屋の曳山(ひきやま)・屋台蔵にも接している。

 夜間に88席を設け、弁当も用意する。弁当にはドジョウのかば焼きや「かぶらずし」のカブをダイコンに置き換えた「だいこんずし」、ずいきを使った料理など地元産メニューを豊富にそろえる。まちなかを散策した後、弁当を味わいながら、ゆっくりと見物してもらう。

 この日は「引き合い」と呼ばれるけんかもあり、ムードは最高潮となる。柴田委員長は「勇壮な夜高祭の魅力を感じてほしい」と話している。

 弁当と飲み物代を含め3千円。問い合わせは市商工会福野事務所、電話0763(22)2536(平日のみ)。

砺波・南砺・五箇山 ニュース