開店を控えたレストラン「食ごよみ『日和』」でメニューを試食する組合員ら

開店を控えたレストラン「食ごよみ『日和』」でメニューを試食する組合員ら

長野県 長野市周辺 グルメ

「農家レストラン」オープンへ 飯綱町の食材ふんだん

信濃毎日新聞(2018年4月26日)

 飯綱町の農家が食材生産から調理まで手掛ける農家レストラン「食ごよみ『日和(ひより)』」が30日、同町倉井にオープンする。若い世代に農業に興味をもってもらおうと、町内の農家などでつくる「さみず農産物直売加工組合」が町に開設を働き掛け、町が整備。組合は指定管理者として運営を担う。25日は組合員向け試食会があり、町産の地鶏やコメを使った定食を味わった。

 組合は、農業の担い手不足を解消するため「地元の食材が食べられるレストランを造り、農業の魅力を伝えよう」と計画。2016年、組合が町に農家レストラン建設を要望。町は17年8月、レストランの建設を始め、今年3月に完成した。総事業費は約3600万円で地方創生拠点整備交付金などを充てた。

 この日は町産の鶏肉や野菜を使った甘酢あんかけと、町産みそを使った「サバのみそ煮定食」のどちらかが選べる看板メニュー「日和定食」を用意。組合員からは「鶏肉が軟らかくておいしい」などと好評だった。店長の渋沢美知世さん(70)は「若い世代に来てもらい、農業を次世代につなげたい」と力強く語っていた。

 午前10時〜午後5時を予定。月曜定休。問い合わせは同店(電話026・213・8171)へ。

長野市周辺 ニュース