オープンしたツリーアドベンチャーで遊ぶ親子=妙高市

オープンしたツリーアドベンチャーで遊ぶ親子=妙高市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

木の上の冒険スリル満点 妙高・ロッテアライリゾート

新潟日報(2018年5月1日)

 妙高市の大型リゾート施設「ロッテアライリゾート」に4月28日、国内最大級のツリーアドベンチャーがオープンした。森の中に設置された高さ2~10メートルのコースをつり橋やロープで渡るアクティビティで、スリル満点な木の上の冒険に子どもたちが歓声を上げていた。

 約3万3千平方メートルの敷地内に、子どもから大人までが楽しめたり、景観が抜群だったりする8コースを用意。木々の間に設置されたロープや揺れる足場、つり橋などのさまざまな遊具を、ハーネス(安全帯)を付けて渡る。身長1メートル以上、体重100キロ以下で利用できる。

 この日はオープニングセレモニーが行われ、運営するホテルアンドリゾート上越妙高の亀田修造社長が「すばらしい自然を皆さんに楽しんでもらいたい」とあいさつした。

 セレモニーが終わると早速、家族連れらが挑戦。子どもたちは身軽に木の間を渡り歩き、高い場所や揺れる遊具では、はしゃぎ声を上げていた。母親と一番乗りで遊んだ上越市の上越教育大付属小4年女子児童(10)は「渡るときに揺れて難しかったけれど、すごく楽しかった」と声を弾ませた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース