見頃を迎えている八海山ロープウエー山麓駅周辺のカタクリ=30日、南魚沼市山口

見頃を迎えている八海山ロープウエー山麓駅周辺のカタクリ=30日、南魚沼市山口

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 花・紅葉

八海山ロープウエー カタクリ見頃 南魚沼

新潟日報(2018年5月2日)

 山あいを覆う薄紫のじゅうたん-。南魚沼市山口の八海山ロープウエー山麓駅付近でカタクリが見頃を迎えている。5月4日には地元の観光協会が主催し「カタクリ祭り」が開かれる。

 群生地は山麓駅から遊歩道を2、3分ほど登ったところで、冬はスキー場のゲレンデとなるエリアだ。

 「ことしは例年より1週間ほど開花が早い」(同ロープウエー)という。カタクリは中腹付近の一角を薄紫色に染めている。4月30日は県内外から家族連れらが訪れ、カタクリを写真に収めるなどして、春の訪れを感じていた。

 4日のカタクリ祭りでは、山麓駅前の駐車場に、地元の山菜の天ぷらやキノコのちゃんこ鍋、イワナ塩焼きなどの出店が並ぶ。

 八海山ロープウエーの香川明宏支配人は「カタクリや山あいの新緑を満喫し、春の息吹を感じてほしい。ロープウエーも運行中で、八海山の新緑や山々の風景を楽しんで」とアピールしている。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース