熱気を帯びる「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」。今年の会場はヘリオスにほぼ集約される=2016年8月、ヘリオス

熱気を帯びる「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」。今年の会場はヘリオスにほぼ集約される=2016年8月、ヘリオス

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

ヘリオスに会場集約 スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド

北日本新聞(2018年5月8日)

 南砺市福野地域の夏を彩るワールドミュージックの祭典「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」会場が同市福野文化創造センター(愛称・ヘリオス)にほぼ集約されることになり、7日の評議員会(河合秀和会長)で報告された。

 会期は8月24~26日。昨年まではヘリオスと市園芸植物園を会場としていたが、今年は同植物園を使わない。ヘリオスでは24日のオープニングを飾るほか、25、26日の「ヘリオスステージ」などを展開する。

 これに伴い、福野地域中心部の通称「銀行四ツ角」にステージを設け、恒例のパレードのコースを「銀行四ツ角」からヘリオスとする。まちなかのにぎわい創出への波及効果を狙っている。

 実行委員会によると、2会場の維持は経費や人員確保の面で難しかった。評議員会で橋本正俊実行委員長は「アーティストのレベルや音楽のクオリティーを保ちたい」と、変更に理解を求め、出席者から賛同する声が上がった。「スキヤキ」は北日本新聞社共催。

砺波・南砺・五箇山 ニュース