砺波地方の花嫁衣装や嫁入り道具を紹介する特別展

砺波地方の花嫁衣装や嫁入り道具を紹介する特別展

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

砺波の嫁入り紹介 市郷土資料館で国重文打ち掛け展示

北日本新聞(2018年5月10日)

 砺波地方の嫁入りの風習を紹介する特別展「となみの花よめさん」が砺波市花園町の砺波郷土資料館で開かれている。送り出す親の思いが詰まった打ち掛けをはじめ、嫁のれんや晴れ着といった明治から昭和期の衣装、道具など111点を展示し、当時の嫁入りを再現している。

 展示品のうち、松に鶴亀文様の打ち掛けや明治初期から中期の嫁のれんなど5点は、国の重要有形民俗文化財「砺波の生活・生産用具」。「門(かど)送り」や「合わせ水」といった風習を解説し、時代によってどう変化したのかを写真、パネルとともに紹介した。

 1933(昭和8)年の嫁入り道具の目録や、大正時代の嫁入り衣装を撮影できるスペースも設けた。

 同館は「展示を見ることで記憶を呼び覚まし、認知症予防などにつなげる『回想法』の一つとしても活用してもらいたい」と話している。

 会期は6月3日まで。入館無料。

砺波・南砺・五箇山 ニュース