射水神社前を一斉にスタートする駅伝の出場者=高岡古城公園

射水神社前を一斉にスタートする駅伝の出場者=高岡古城公園

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し アウトドア・レジャー

「願道」駆け抜ける 高岡ねがいみち駅伝

北日本新聞(2018年5月14日)

 第6回高岡ねがいみち駅伝は13日、高岡市の高岡古城公園をメイン会場に行われた。強い雨の中、過去最多の2604人が同公園内の射水神社と高岡大仏、高岡関野神社を結ぶ通称「願道(ねがいみち)」をチームや個人で駆け抜けた。 

 大会は志貴野中吹奏楽部の演奏で幕開け。射水神社の神職がおはらいした。開会式で菅野克志大会長が開会宣言し、橘慶一郎衆院議員、高橋正樹市長、狩野安郎市議会議長があいさつした。

 競技はキッズランの6年男子の部からスタート。児童は板倉北日本新聞社長の号砲で一斉に駆け出した。続いて親子ランや今大会が初開催のイベント「願い道男」、駅伝、個人ランを実施。出場者は沿道の声援を受けながら、懸命にゴールを目指した。

 大会は元気たかおか未来会議や市、北日本新聞社などでつくる実行委が開いた。

高岡・氷見・射水 ニュース