古いタンスを修理する伊藤さん=高岡市福岡町下蓑

古いタンスを修理する伊藤さん=高岡市福岡町下蓑

富山県 高岡・氷見・射水 その他

古い家具の魅力発信 再生販売で地域おこし

北日本新聞(2018年5月20日)

 高岡市福岡地域で地方創生ビジネスに取り組む伊藤昌徳さん(29)が、県内の民家や寺に眠る古い家具の再生プロジェクトを進めている。将来的には欧州や中国など海外での販売も視野に入れており、「日本文化の一端である伝統的家具の技巧や美しさを後世にも伝えたい」と話している。 (高岡支社編集部・橋本京佳)

 伊藤さんは北海道出身。知人の紹介で昨年9月、高岡市福岡町に活動拠点を設けた。

 大学在学中にはワーキングホリデービザで豪州に住み、営業職を経験した。東京で就職したが「地方を盛り上げたい」という思いから地方創生ビジネスに着目。東京と富山を往復しながら、福岡地域で古民家ライブやプログラミング教室などを開いている。

 同地域で暮らすうち、古い家具が地方に多く眠っていることに気付いた。修理して販売すれば日本文化を残すことにつながると考え、今年3月にプロジェクトを始めた。

 主に県内で江戸時代から昭和初期までのテーブルやたんすを仕入れ、数点をインターネットで販売している。「年内には東京で期間限定ショップを開きたい」と夢を膨らませている。

 家具修理を手伝ってくれる職人と古い家具を探している。連絡先は伊藤さん、電話080(3290)0819。

高岡・氷見・射水 ニュース