「キツネの嫁入り道中」の「結婚式」の場面を演じる商工会青年部員ら

「キツネの嫁入り道中」の「結婚式」の場面を演じる商工会青年部員ら

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

「キツネの嫁入り」盛り上がり 佐久・臼田で恒例の「小満祭」

信濃毎日新聞(2018年5月21日)

 佐久市臼田の商店街などで20日、恒例の「小満祭(こまんさい)」が開かれた。3月に業務を始めた市臼田支所前のメイン会場では、臼田町商工会青年部などによる街頭パレード「キツネの嫁入り道中」の「結婚式」や、「臼田小満太鼓愛好会」による演奏などがあった。

 小満祭は、二十四節気の一つ「小満(しょうまん)」に合わせて、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や商売繁盛を祈願する恒例行事で、大正初期に地元の稲荷神社で始まったとされる。歩行者天国となった商店街には多くの屋台が並び、親子連れらでにぎわった。

 「キツネの嫁入り道中」は、キツネの格好をした花嫁行列が商店街を練り歩き、園児らが扮(ふん)する「子ギツネ」も登場。「結婚式」では、殿役の佐々木龍二さん(42)=小諸市=が、キツネの嫁役の土屋伸太郎さん(43)=佐久市=にキスをした際、土屋さんのかつらが取れてしまい、会場から笑いが起こった。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット