書道パフォーマンスを披露する松本蟻ケ崎高校書道部の生徒

書道パフォーマンスを披露する松本蟻ケ崎高校書道部の生徒

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し アウトドア・レジャー

乗鞍の夏山、安全に シーズン到来 祈願の「すもも祭り」

信濃毎日新聞(2018年5月21日)

 松本市の乗鞍高原で20日、夏の観光シーズンの安全を祈願する第47回「すもも祭り」があった。観光関係者ら約100人が出席し、神事をした。爽やかな風が木々の新緑を揺らす中、観光客らは振る舞われた山菜のてんぷらや手打ちそばを味わいながら、アルプホルンの演奏や書道パフォーマンスを楽しんだ。

 一帯に植わるスモモにちなみ、のりくら観光協会(松本市)の実行委員会が主催。神事では神職が祝詞を読み上げ、参列者が祭壇に玉串をささげた。

 松本蟻ケ崎高校(松本市)書道部の2年生19人は書道パフォーマンスを披露。墨汁をたっぷり含ませた筆を音楽に合わせて動かし、大きな紙(縦4メートル、横6メートル)に「山紫水明」と書いた。パフォーマンスを終えた2年生船本帆夏(ほのか)さん(16)は「自然豊かな場所で披露できてすがすがしい」と充実した表情を浮かべた。

 会場では山菜やおやきなども売り出された。恋人と訪れた都内の会社員佐藤大介さん(36)は手打ちそばを食べながら「天候にも恵まれて気持ちいい。山に雪が残っていてきれいですね」と話した。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット