新潟県 鉄道

JR東新潟支社 夏の臨時列車 新幹線21本増の418本

新潟日報(2018年5月23日)

 JR東日本新潟支社は7~9月の臨時列車として、上越新幹線を前年比21本増の418本、羽越線の特急「いなほ」を同比2本増の31本運行する。新潟支社は「昨年より3連休が増え、利用者の増加を見込んだ」としている。

 お盆期間(8月9~19日)は上越新幹線144本、「いなほ」25本を増発。上越新幹線の利用ピークは下りが11日、上りが15日と見込む。

 また、十日町市や津南町で開かれる「大地の芸術祭」に合わせた臨時列車を、越後湯沢-まつだい間で週末を中心に初めて運行する。

 阿賀野市の瓢湖で9月に開かれる音楽イベント「Jin Rock Festival」や、土木遺産に登録された「JR上越線清水トンネル関連施設群」を楽しめる列車も走らせる。

新潟県 ニュース