新緑の空中散歩を楽しめるドラゴンドラ=22日、湯沢町三国

新緑の空中散歩を楽しめるドラゴンドラ=22日、湯沢町三国

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

目に青葉 湯沢でドラゴンドラ運行

新潟日報(2018年5月23日)

 自然の息吹、空から満喫-。湯沢町三国の苗場スキー場で、新緑の山あいを縫うように走るゴンドラ「ドラゴンドラ」が運行されている。22日も新潟県内外から観光客らが訪れ、野鳥のさえずりをBGMに、初夏のみずみずしい緑を目に焼き付けていた。

 ドラゴンドラは国内最長の全長5481メートル。苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を約25分で結ぶ。4月末からの営業は2年目。

 ゴンドラは峰伝いにアップダウンを繰り返しながら、田代エリアに向かう。眼下にはブナやカラマツなど濃淡さまざまな緑や、清津川、エメラルドグリーンに輝く二居湖が広がる。

 埼玉県から夫婦で訪れた男性(70)は「山や残雪、緑を眺めることができて言うことなしだった。良いリフレッシュになった」と満喫していた。

 営業は27日まで。料金は往復で中学生以上2千円(小学生千円)。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース