赤紫色の花が群れ咲くシラン=23日、長岡市与板町与板

赤紫色の花が群れ咲くシラン=23日、長岡市与板町与板

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

シラン色鮮やか 長岡市与板で見頃

新潟日報(2018年5月24日)

 長岡市与板町与板の遊歩道「天地人通り」で、シランが見頃を迎えている。23日も散歩する地元の人たちが足を止め、赤紫色の花を眺めていた。

 同所は越後交通長岡線の線路跡1・6キロを利用し、2012年に市与板支所が整備した。戦国時代の与板城主、直江兼続の兜(かぶと)にちなんで「愛」の花言葉を持つ花などが沿道に植えられる。地元町内会が草取りやごみ拾いなどの手入れを担っている。

 シランの花言葉は「変わらぬ愛」。高さ50センチほどの日本のランだ。通りが完成した前後に植栽され、10メートルほどに約千本が咲き誇る。葉の縁が白くなる品種や、白い花を咲かせる品種もある。

 近くの主婦(65)は「季節ごとの花が咲くのを楽しみに、よく散歩している」と話していた。白いシランがこれから満開を迎え、見頃は6月初めごろまで。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース