長野県 その他

長野県内の6~8月 気温高め見込み

信濃毎日新聞(2018年5月26日)

 気象庁は25日、県内を含む関東甲信地方の3カ月予報(6〜8月)を発表した。気温は高めで特に7月は高気圧に覆われやすく、平年より気温が高くなる見込み。一方、日本気象協会(東京)は同日、梅雨時期の天候に関する情報を発表。県内を含む関東甲信地方は梅雨入り、梅雨明けともに例年より早くなるとの見通しを示した。

 長野地方気象台によると、6月は前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い。気温はほぼ平年並みで、降水量は平年並みか多い見通し。

 7月は平年に比べ曇りや雨の日が少なく、特に後半は晴れの日が多くなる見通し。降水量は平年並みか少ない。気温が高い日が多いとみられ、体調管理などに注意を呼び掛ける。8月は晴れの日が多く、気温は平年並みか高い見込みで、降水量はほぼ平年並みと予想している。

 一方、気象協会によると、梅雨入りは平年の関東甲信地方で6月8日ごろだが、今年は数日早まり、早ければ6月初めごろになる可能性もある。今年は太平洋高気圧の勢力が例年より強いとみられ、梅雨明けも平年の7月21日ごろより早くなる予想だ。

長野県 ニュース