稽古着姿の古町芸妓がコーヒーなどを提供する柳都カフェ=28日、新潟市中央区古町通9

稽古着姿の古町芸妓がコーヒーなどを提供する柳都カフェ=28日、新潟市中央区古町通9

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し グルメ

芸妓文化触れ「お座敷」気分 柳都カフェが開業 新潟

新潟日報(2018年5月29日)

 古町芸妓(げいぎ)の魅力に気軽に触れてもらう「古町柳都カフェ」が28日、新潟市中央区古町通9の「美(み)や古(こ)」1階にプレオープンした。三味線の音色が流れる和室で、稽古着姿の古町芸妓がお茶やお菓子を運んだ。
 
 6月1日から本格営業する。県外客やインバウンド(訪日観光客)など新たなファン層の獲得も目指す。
 
 美や古は昭和初期に建てられた歴史的建造物で、2006年まで茶屋として営業していた。これまで古町芸妓の活動拠点だった三業会館(同区)が老朽化したため、稽古場を移し、一部改修してカフェも設けた。
 
 新潟市西区の女性(26)は「三味線の音色が聞こえると雰囲気がいいですね」と話した。芸歴6年目の菊乃さんは「芸妓文化に触れるきっかけとなり、夜のお座敷につながればうれしい」と抱負を語った。
 
 営業時間は平日午後1時~3時。抹茶セット800円など。本格営業後の土曜には、2階広間で踊りを披露する「芸妓の舞 鑑賞タイム」も実施する(予約制、千円)。
 
 問い合わせは新潟三業協同組合、025(222)2237。

新潟・岩室 ニュース