咲き誇る赤いバラの前に座って記念撮影をする子どももいた=27日、坂城町のさかき千曲川バラ公園

咲き誇る赤いバラの前に座って記念撮影をする子どももいた=27日、坂城町のさかき千曲川バラ公園

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 上田・小諸 花・紅葉 祭り・催し

中野×坂城、バラ競演 まつり開幕でにぎわい

信濃毎日新聞(2018年5月29日)

 中野市の一本木公園で「信州なかのバラまつり」、坂城町のさかき千曲川バラ公園で「ばら祭り」がそれぞれ26日に始まった。ともに地元の実行委員会の主催。27日にかけて大勢の家族連れやカップルなどが早速訪れ、赤、白、黄、ピンクなど色とりどりの花の小径を散策したり、香りを楽しんだり。花はいずれも、6月10日の各最終日まで見頃が続きそうという。

 信州なかのバラまつりの会場には850種3千株のバラが咲き誇り、苗木やバラのソフトクリームの販売に行列もできた。上下左右を花に囲まれるような場所もあり、新潟市の会社員田中武文さん(53)は「これだけの種類を一度に見たのは初めて。駆け付けたかいがあった」。

 27日は中野青年会議所が、園内を巡ってオリジナルカードを集める体験型ロールプレーイングゲーム「ローズクエスト」を企画。子どもたちでにぎわった。6月3日も開く。

 さかき千曲川バラ公園には330種2300株のバラが植わる。27日、来場者たちは「花が大きい」などと話しながら、スマートフォンで写真を撮ったり、深呼吸したりして楽しんでいた。

 今年は例年より7日ほど開花が早いといい、東御市の太田理子さん(38)は「ここまで早いとは思わなかったが、花が日の光に反射してとてもきれい」と喜んだ。会場には町のオリジナル品種「さかきの輝(かがやき)」もあり、ローズピンクのきれいな花を咲かせていた。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット