「のぼり旗祭り」を盛り上げているのぼり旗=五泉市

「のぼり旗祭り」を盛り上げているのぼり旗=五泉市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し

のぼり旗、城下の風情 五泉・村松 6月6日まで

新潟日報(2018年5月31日)

 江戸時代に城下町として栄えた五泉市村松地区の商店街で、6月6日まで恒例の「のぼり旗祭り」(実行委員会主催)が開かれており、武者絵などののぼり旗65本が街を彩っている。歩行者天国イベントや和装変身コーナー、店主らの講座もあり、祭りを盛り上げている。

 祭りはことしで16回目。のぼり旗は長さ7~9メートル。武士や鍾馗(しょうき)様などが描かれ、子どもの健やかな成長を願う城下町の風習を今に伝える。

 3日午前10時~午後3時半には商店街を歩行者天国にしてイベントを開催。地元出身歌手の音楽ライブや城下町・村松の知識を競う「クイズ王決定戦」などを行う。

 日本髪のかつらを着けて着物で装う体験コーナーは3日まで実施。中学生以上の女性限定で3500円。着物だけの体験は2千円。

 村松商工会女性部は、部員の商店や会社にちなんだ講座を企画。地酒の楽しみ方や新茶のおいしい入れ方、好感度が上がるメーク術などを教える。開催日などの問い合わせは女性部事務局、0250(58)2201。

 祭り実行委員会の松尾幸一会長(72)は「子どもをお祝いする祭りなので、親子連れにも楽しんでほしい」と呼び掛けている。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース